とても厳しい環境で作られた乳酸菌が配合されているメガサンA150

乳酸菌にとっては、胃酸が大きなポイントになります。胃袋の中には非常に強い酸がありますが、経口摂取された乳酸菌は、必ずそこを通過しなければなりません。しかし胃の酸はとても強力なので、経口摂取された乳酸菌が死滅してしまう事も多々あります。

 

過酷な環境でも活躍できる加熱された乳酸菌

 

このため一部の乳酸菌のサプリメントでは、ちょっと過酷な環境で作られている事があります。例えば加熱処理されているタイプの乳酸菌などは、いくつか見られますね。
加熱されている以上は、少なくとも過酷な環境だったことは間違いありません。その過酷な環境で耐えることができた乳酸菌の場合は、やはり生命力もとても強いと考えられますね。ですので胃酸という過酷な環境の中でも、無事に生き延びることができるのです。
そうかと思えば、お腹の中の環境も過酷ですね。胃酸ほど過酷ではないにしても、やはり乳酸菌にとってはちょっと厳しい状況なのは間違いありません。しかし加熱処理されているタイプであれば、その中でも活躍する事ができるでしょう。

 

過酷な環境で生き延びたのでお腹の中での活躍が期待できる

 

では具体的にはどのような乳酸菌があるかと言うと、例えばメガサンA150です。その中に含まれているEF-2001という乳酸菌は、非常に過酷な環境で生育されたようですね。ですので胃腸の過酷な環境でも、十分に活躍してくれると見込めます。現にその製品を作っているメーカーとしても、それを大きくアピールしているのですが。
しかもメガサンA150の中には、非常に多くの乳酸菌が配合されています。数も多ければ、それだけお腹に強く働きかけてくれると思うのですが。「過酷な環境で作られたので、強い効果を発揮してくれると見込まれる」という理由で、メガサンA150はオススメです。